家電レポート

シナジートレーディング 「スーパー吸煙グリル スモークリーンIII DSK2002」での焼肉/におい、煙り、焼け具合、後片付けについて

以前は当たり前だった外出や外食が、気軽に出来なくなったのは、2020年の2月頃から流行した、新型コロナウィルスが原因でした。あれから約1年が過ぎた今は、人々の生活様式はすっかり変化してしまいました。テイクアウトや、自宅で食事をすることが多くなっているのではないでしょうか。
我が家で、シナジートレーディング 「スーパー吸煙グリル スモークリーンIII DSK2002」を購入したのは、コロナウィルスの感染予防の為に、ステイホームが推奨されていた2020年3月頃でした。

現在、「スーパー吸煙グリル スモークリーンIII DSK2002」を使用してみて約1年経ったので、室内で使用した時の、におい、煙り、焼け具合、後片付けなどの様子をご紹介したいと思います。当時の購入価格は、ビックカメラ.comで14290円でした。シナジートレーディング公式の商品説明は下にリンクを貼りました↴
https://www.synergytrading.co.jp/smoclean/

特徴と構造

「スーパー吸煙グリル スモークリーンIII」 の最大の特長は、その名前通り、吸煙機能です。下の写真の、「シロッコファン」という部品が、吸煙のポイントです。
スーパー吸煙グリル スモークリーンIII
焼肉などで発生した煙と油は、シロッコファンに吸い込まれた後、ファン下部から取り込まれた空気で冷やされ、液体となって溜まります。さらに、シロッコファンによってプレート上部にもエアーカーテンが出来るので、上部への煙りの拡散も抑えられます。

構造は下の図のようになっています↴
スーパー吸煙グリル スモークリーンIII
部品は取り外し可能です。一部の部品を除き、シロッコファンや本体も水洗いが可能です。

焼く前の準備

①水受け皿に水を入れセットします。
スーパー吸煙グリル スモークリーンIII
②油受けプレートをセットします。
スーパー吸煙グリル スモークリーンIII
③電源ヒーターをセットします
スーパー吸煙グリル スモークリーンIII
④プレートをセットします
スーパー吸煙グリル スモークリーンIII
プレートは、食品を焼き始める前に230℃で3分間加熱することが推奨されています。

食材の例

今回用意したお肉は豚バラスライスです。薄めの方が早く焼けます。
スーパー吸煙グリル スモークリーンIII
食べやすく切り、焼く30分前に冷蔵庫から出しておきました。
スーパー吸煙グリル スモークリーンIII
エリンギも用意しました。
スーパー吸煙グリル スモークリーンIII

焼肉をはじめる

説明書では、230℃で3分間のプレートの加熱が終わったら、お肉を焼く時は180℃で行うように推奨されていますが、初めのうちから180℃にしてしまうと、焼けるのが遅く感じるかも知れません。
「スーパー吸煙グリル スモークリーンIII DSK2002」の口コミでも、「焼けるのが遅い」というものがあったのですが、焼くお肉の厚さや、機械の温度設定が影響していると思います。
うちでは、焼肉を開始した直後は、230℃で焼き、加熱開始から30分ほど経ってプレートが十分熱くなったら180℃にしています。あとは、お肉はなるべく薄切りの物を買う事と、焼き始める30分前にはお肉を冷蔵庫から出しておくようにしています。

下の写真は、お肉を置いてから1分程でひっくり返した状態です↴
スーパー吸煙グリル スモークリーンIII
230℃で焼いています。
スーパー吸煙グリル スモークリーンIII
後半は、プレートも熱くなり早く焼けるようになるのと、食べる速度の方はだんだん遅くなっていくので、180℃にして焼き加減を調整します。
スーパー吸煙グリル スモークリーンIII
焼くにつれて油が出てきますが、におい、煙りはほとんど出ていません。外側への油はねは、わずかにありますが、テッシュで拭き取れる程度です。

下に、実際に焼肉をしているところの動画を貼りましたので、参考にして下さい。動画の撮影時の加熱温度は230℃です。


動画の順番は、「作動音→シロッコファンON→焼き始めの状態→電源ONから10分経過」という時間経過となっています。

後片付け

焼き終わった後のプレートの状態です↴
スーパー吸煙グリル スモークリーンIII
プレートに残った油が白く固まっていますが、焦げ付いていないので、お湯で流して、洗剤をつけたスポンジで洗うと落ちます。裏面は凹凸があるので、ブラシなどで洗うと綺麗になると思います。

ヒーター油受けプレートです↴
スーパー吸煙グリル スモークリーンIIIスーパー吸煙グリル スモークリーンIII
こちらも、油はたまっていますが、洗剤を含んだテッシュなどで拭き取り、お湯ですすいで、洗剤をつけたスポンジで洗うと簡単に汚れが落ちます。

水受け皿はあまり汚れていませんでした↴
スーパー吸煙グリル スモークリーンIII
本体と水受け皿、プレートは、丸ごと洗剤で洗う事ができます。食洗機での洗浄も可能です。食洗機に入れられない部品は、電源ヒーター、シロッコファン、油受けプレートとなっています。

最終的に、食べ終わってから床や、テーブルの汚染も、ほとんどありませんでした。周囲の油はねは、お掃除シートで拭き取ると簡単に取れる程度です。部屋のにおいも、換気扇をしばらく入れておけば、気にならないくらいです。煙やにおいに関しては、ほとんど発生しないと言ってもよいです。

「スーパー吸煙グリル スモークリーンIII」の良い点、悪い点

【良い点】
・価格が、14000円前後と手ごろ
・室内で使用しても、煙やにおいがほとんど気にならない
・周囲への油はねが少ない
・分解して洗えるので後片づけが楽で清潔(食洗機使用も可)
・遠赤外線によってお肉が美味しく焼ける
・余分な油が下に落ちるので、ホットプレートよりヘルシー

【悪い点】
・プレートの大きさが23cm×38cmで3人以上では小さめの印象
・厚いお肉は焼けるまで時間がかかる
・野菜などは焼けるまで時間がかかる

我が家は2人で使っていますが、人数も2人程度が丁度よいと思います。高いと思っていた焼肉も、自宅で気軽に、美味しくいただけるようになりました。総合的に、私個人としては買って良かったと思います。

  • この記事を書いた人

kinoko

キノコのブログ「キノコの家」では、マイホーム探しの過程での経験した事や、住宅に関する情報、日々の生活の中で少し役に立つ情報などを紹介しています。

-家電レポート

© 2022 キノコの家 Powered by AFFINGER5